番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第109回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】 平成20年1月15日(火) 11時30分~13時00分
 
【場  所】  さくらんぼテレビジョン本社2階 ミーティングルーム
 
【議事概要】
 最初に社側から、昨年12月にさくらんぼテレビ主催の「さくらんぼ文学新人賞」が設立されたこと、また11月と12月の2週平均視聴率で、ともにゴールデン・プライムの2冠を獲得したことなどが報告された。今回は、12月28日(金)午後5時から放送したさくらんぼテレビ制作の 『SAY message 2007 山形元気大図鑑~変革!変わらんなねべスペシャル』について番組合評を行った。この番組は、毎年恒例のSAYの年末特別番組『SAY message』シリーズとして放送したもので、元フジテレビ「スーパーニュース」キャスターの宮川俊二さんをナビゲーターとして、2007年に各界の最前線で活躍した5人の山形県出身者を取材したドキュメンタリー。今回は「変革」をテーマとして、県出身者の活躍の陰にある様々な「変革」を紹介する。
 委員からは、「意外な分野で県出身者が活躍していることを知って、非常に興味深かった」、「番組構成がわかりやすく、宮川さんの安定感もあって安心して観ることができた」、「単なる振り返り番組が多い中、新しい年へ向けての活力や元気につながる良い番組」といった評価のほか、「出演者を少なくして1人1人をもっと深く紹介してもよかったのではないか」という意見もあった。

【次回開催予定】 平成20年2月12日(火)

以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top