番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第153回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】平成24年5月8日(火) 11時30分~13時00分

 

【場   所】 さくらんぼテレビ1階 大会議室

 

【議事概要】まず社側より、全国的に不安定な天候に見舞われた5月6日、弊社・西蔵王局にも落雷があったものの、自家発電装置への迅速な切り替えにより放送への影響は免れたことが報告された。併せて、今後も山形県民の生命・安全を守るため、自然災害等への適切な対策を講じてメディアとしての責任を果たしてゆきたい旨、社としての方向性が示された。続いて3月31日に放送された「SAYイメージソング特別番組 レディオサイエンスやまがたへのmessage♪」について合評。これは2011年度のさくらんぼテレビイメージソングアーティストを務めた男性デュオ「レディオサイエンス」が3月16日に山形テルサで開催したワンマンライブの模様を中心に、これまでの彼らの活動の軌跡やインタビューなどを交えて構成された自社制作番組。委員からは「ライブの模様をメインに、音楽を中心とした構成がよかった」「素晴しいライブだったことが伝わってくる番組だった」「30分という短い時間のなかで二人の魅力を伝えることが出来ていた」「局のイメージアップにつながるライブ・番組だった」「歌詞をスーパーで出したのがよかった」といった意見が出された。一方で「もう少し彼らの人となりについて知りたいと思った」「イメージソングである『Day By Day』に込めたさくらんぼテレビのメッセージを番組内で伝えてもよかったのではないか」「山形のイメージがもっと具体的に曲に盛り込まれてもよいのではと感じた」「過去のイメージソングアーティストを振り返るような部分もほしかった」などの意見が出された。

   
【出席委員】  佐藤 松兵衛(委員長・山形市)
         加藤 到(副委員長・山形市)
         浅倉 かおり(山形市)
         柴田 正孝(米沢市)
         杉浦 美香(山形市)
         高橋 裕美(山形市)
         仲野 益美(山形市)
         長岡 巌(山形市)
         長岡 弘樹(山形市)
       
【欠席委員】  なし
 
【次回開催予定】平成24年6月12日(火)
以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top