番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第166回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】平成25年9月10日(火) 11時30分~13時00分

【場   所】 さくらんぼテレビ1階 第1大会議室

【議事概要】
まず社側より、7月に行われた参議院議員選挙で、選挙特番を放送したこと、8月には系列挙げてのFNS27時間テレビを放送したことなどが報告された。
今回は6月10日に放送した自社制作番組「わがまま!気まま!旅気分 新緑!湯の里!旬の味!ふれあい求めて春めぐり!山形おんな二人旅」を合評頂いた。
この番組は、フジテレビ系列各局がそれぞれ地域の観光・グルメ情報など地元の魅力を紹介する旅番組。BSフジや東北隣県の系列局でも放送されている。第14弾となった今回は、初夏の山形県村山地方を、酒田市出身のタレント・白崎映美が女優の高樹澪とともに旅をして、山形の魅力と旅に欠かせない「食」「温泉」といった見どころも紹介した。
委員からは「すっかり定着した感があり、非常に安心して見ることが出来た」「ロケ先でのハプニングも番組の醍醐味で面白かった」「メインの白崎映美さんの魅力がさらに発揮されていた」「内容的にも飽きないで見ることが出来た」という意見の一方で、「安定感がある反面、マンネリやネタ枯れの感じも否めない」「白崎さんはよかったが、相方の高樹澪さんとは馴染まなかったと思う」などという意見も出された。
                                     

【出席委員】 佐藤 松兵衛(委員長・山形市)
加藤 到(副委員長・山形市)
浅倉 かおり(山形市)
菊地 憲泰(山形市)
杉浦 美香(山形市)
仲野 益美(天童市)        
長岡 弘樹(山形市)
        
【欠席委員】 
柴田 正孝(米沢市)
高橋 裕美(山形市)

 

【次回開催予定】平成25年10月8日(火)
 

以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top