番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第139回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】 平成23年1月11日(火) 11時30分~13時00分

【場   所】 さくらんぼテレビジョン本社 1階大会議室

【議事概要】

社側からは、今年はデジタル放送への完全移行の年であり、あと半年万全の努力を行い、完全デジタル化をしっかりと成功させたい。

また、当社で運営しているさくらんぼテレビ文学新人賞への応募作品が、今年は401作品であったことが報告された。

今回は、11月20日(土)14時00分から放送した「情熱エンジン 食の都を掘り起こせ」を合評した。この番組は、東北と新潟のフジテレビ系列で放送された番組で、伝統的な食文化の掘り起こしに取り組んでいる庄内地方の2人のシェフのひたむきな姿を追った番組である。

委員からは、シェフや出演者の活き活きとしている様子が表現されていて良かった。「食べる」=「生きる」ということを改めて考えさせてくれる番組だった。「地産地消」を良く表現できた番組だった。などの意見や、30分という短い番組では人にスポットを当てているのか、食材にスポットを当てているのかが分かり難かった。また、番組内でその料理がどういう風に美味しいのかなど、もっと具体的に料理を紹介して欲しかった。などの意見が出された。

【出席委員】

川崎 俊一(委員長・金山町)

佐藤 松兵衛(副委員長・山形市)

加藤 到(山形市)

菊池 昭光(山形市)

佐藤 弘亀(山形市)

柴田 正孝(米沢市)

髙橋 裕美(山形市)

武田 耕一(山形市)

【欠席委員】

浅倉かおり(山形市)

仲野 益美(山形市)

 

【次回開催予定】 平成23年2月8日(火)

以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top