番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第203回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】平成29年5月10日(水)11時30分~13時
【場  所】さくらんぼテレビ本社 1階 第1会議室
【議事概要】
今回はフジテレビより編成部副部長矢野哲慈氏をゲストに迎え、「2017年フジテレビ春の番組改編」をテーマに講演をいただいた。
矢野氏からは、4月改編では、ドラマ・バラエティ番組を中心に番組改編を行い、好調な情報・報道番組は大きな変更がなく、前年と比較すると低い改編率となったとの説明があり、各々の番組の改編ポイントが説明された。家族そろって楽しめる番組を意識し、クイズ番組「潜在能力テスト」「クイズ!金の正解!銀の正解」の2番組をスタートさせたとのこと。好調なスタートを切ったドラマ「貴族探偵」では、全社一丸のプロモーションプロジェクトで臨んだことなど、興味深い話を聞くことができた。さらには、テレビの速報性を活かした情報番組・報道番組はフジテレビ系列の番組の強みになっている。これからもテレビ前の視聴者と同じ空気感を共有できるような番組を届けていきたいと抱負が述べられた。
このあと、各委員との間で意見交換が行われ、委員からは「番組制作や編成にあたり視聴者の年齢をどのように意識しているのか」「録画視聴についてはどのように分析しているのか」などの質問が出されたり、「家族の会話が広がるような番組を届けて欲しい」「若者に向けて元気を与えるようなテレビドラマを制作して欲しい」「情報番組や報道番組のリアルタイムな情報発信に期待したい」などの意見が出された。
                                 
【出席委員】 
加藤 到(委員長・山形市)
仲野 益美(副委員長・天童市)
柏﨑 幸三(山形市)
斎藤 真由美(天童市)
福崎 真知子(米沢市)
松田 一訓(山形市)
        
【欠席委員】
長岡 弘樹(山形市)
堀田 理恵(山形市)

【次回開催予定】平成29年6月13日(火)

以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top