番組審議会

番組審議会とは―

放送法第3条の4により「放送事業者は、放送番組の適正を図るため、放送番組審議機関を置くものとする。」と設置を義務づけられた機関で、さくらんぼテレビ ジョン番組審議会は7名以上の委員で構成されています。毎月1回(8月と12月を除く)開催され、放送番組および放送全般に関しての審議を行っています。

審議会委員(敬称略)

委員長
加藤 到
 
副委員長
仲野 益美
 
池田 めぐみ
柏﨑 幸三
 
柴田 聖一
髙見 佳澄
 
長岡 弘樹
長沢 太一
 

第105回さくらんぼテレビジョン番組審議会概要

【開催日時】
平成19年7月10日(火) 11時30分~13時00分

【場  所】
さくらんぼテレビ本社2F ミーティングルーム

【議事概要】
最初に社側から6月第2週目の週平均視聴率でゴールデン、プライムの2冠を獲得したことなどが報告された。
今 回は、6月10日(日)午後2時10分から放送した、さくらんぼテレビ制作の『氷河期が生きる川~イバラトミヨに迫る絶滅~』について番組合評を行った。 この番組は、第16回FNSドキュメンタリー大賞ノミネート作品で、東根市小見川に生息する絶滅の危機に瀕した淡水魚「イバラトミヨ」が減少した原因と、 それを救おうと尽力する人々の姿を通して、人間と自然との共生という問題を探るドキュメンタリー。
委員からは、「イバラトミヨを救おうとする人々 の危機感や使命感が十分に伝わってきた」、「水中カメラによる産卵シーンが非常に感動的だった」、「全体的に絵が美しく清涼感があり、子供にもぜひ見せた い番組」といった評価のほか、「一般の人はイバラトミヨになじみが薄いので、もっと詳しい説明がほしかった」、「最後はもっと希望のある話で終わったほう がよかった」という意見もあった。

【次回開催予定】
平成19年9月11日(火) 11時30分~

以上

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top