えがおさくさく

newsイット!やまがた

山形・最上町の「天空のログハウス」全焼 「日中薪ストーブを使ったが、火を消して山を下りた」 10/30

29日の夜、山形県最上町月楯でログハウスを全焼する火事がありました。火柱が上がる現場での懸命の消火活動をカメラがとらえました。

 

火災現場に向かう車の中からもはっきりと確認できた炎。火事があったのは最上町月楯の楯の山にあるログハウスです。

 

消防に通報があってから約2時間20分後に鎮火しましたが、この火事で最上町向町の自営業・菊池義明さんが所有する平屋建てのログハウス1棟が全焼しました。この火事によるけが人はいません。

 

警察の調べに対し菊池さんは、「日中薪ストーブを使ったが、火を消して山を下りた」と話しているということです。

 

ストーブの火を消しても、煙突内部を上昇する火の粉が乾燥した屋根裏の木材に燃え移ることがあり、警察と消防は出火直前まで使用していた薪ストーブや煙突を中心に実況見分を行い、詳しい出火原因を調べています。