えがおさくさく

newsイット!やまがた

GI登録「山形ラ・フランス」販売解禁 10/29

国の地理的表示「GI」に登録された「山形ラ・フランス」の販売が解禁されました。感染症の影響で店頭での試食などが制限されるなか、PRは「強力な助っ人」に託します。
全国の生産量の6割を超え山形を代表する秋の味覚「ラ・フランス」。
29日は販売の「解禁日」で、冷蔵庫で保存し食べごろを合わせた「ラ・フランス」が全国の店頭に並びました。
今回は、国の地理的表示「GI」に登録された「山形ラ・フランス」として初めての解禁日でJR山形駅近くの青果店では旅行客が次々に買い求めていました。
(購入した客)
「きょう解禁というのでお土産に農家の皆さんが品種改良などしていると思うから、全国に広めてほしい」
毎年恒例の販売イベントですが今年は感染症対策として試食がないほか、呼び込みも最小限に。そのため、ラ・フランスの魅力を消費者に伝える役割を「強力な助っ人」に託しました。
県やJAなどが初めて制作した動画では収穫などの様子に加え食べ頃の見分け方がわかりやすく説明されています。
(県園芸農業推進課 佐藤光明課長補佐)
「高品質で質の均一なものを消費者に届けようとやってきたそういったことがGIラフランスの登録となり活気づいている。ぜひ食べごろのラフランスを全国の皆さんに召し上がっていただきたい」
この動画はスーパーなどのほか県のホームページで見ることができます。