えがおさくさく

さくらんぼテレビ Live News

動機は? 自宅に放火の66歳男逮捕・送検 「ライターで茶の間に火放った」   6/26

去年12月、山形県白鷹町で民家一棟が全焼した火事で、警察は、この家に住む60代の男を放火の疑いで逮捕・送検しました。男は「ライターで茶の間に火を放った」と容疑を認めています。

 

非現住建造物等放火の疑いで逮捕・送検されたのは、白鷹町荒砥の無職・和田純一容疑者(66)です。警察によりますと、和田容疑者は、去年12月15日の早朝に木造一部2階建ての自宅に火をつけ、全焼させた疑いです。

警察は実況見分で分かった出火当時の状況と、和田容疑者の説明に矛盾があったことから捜査を進め、25日夜、和田容疑者を逮捕しました。和田容疑者は容疑を認めていて、「ライターで茶の間に火を放った」と話しているということです。出火当時、和田容疑者はのどにやけどをし、病院に運ばれていました。

 

警察が放火した動機を調べています。