令和2年度山形県民の警察官

さくらんぼテレビでは、県民の生命・財産の保全、交通安全など、公共の秩序の維持などにおいて功績のあった次世代の山形県警を担う若手警察官を表彰し、県民に広く知っていただく事業を行っています。また、キャンペーンCMによる防犯や交通安全啓発活動を通して、山形県内の治安維持に貢献したいと考えています。

ceremony_title.png

刑事部鑑識課  芦名 諭 警部補(47)

機動鑑識隊員として、綿密・適切な作業によって犯人特定につながる証拠資料を発見し、県内で発生している強盗等の凶悪事件の迅速な捜査に貢献。また、直接の部下だけでなく、警察署の経験の浅い若手鑑識係員や交番警察官にも実際の現場で具体的な指導を行い、県警全体の鑑識技術向上と事件検挙のために精力的な活動を行っていることが高く評価された。

米沢警察署 五十嵐 誠二 巡査部長(43)

2018年度に地域住民が総額1300万円の特殊詐欺被害にあったことをきっかけに、2019年度中に担当エリアの65歳以上の高齢者世帯・全868世帯を巡回訪問。常時留守番電話の設定や在宅時の施錠、県警のメール配信システムの受信登録を呼びかけるなど活動を強化。高齢者世帯の安全安心確保につながり、地域全体に貢献している点が高く評価された。

表彰式
開催日時: 2021年1月22日(金)13:30~
会 場: 山形テルサ アプローズ

お二方の受賞を記念し、「PRO WiND 023」によるミニコンサートも あわせて開催します。

啓発キャンペーンCM