newsイット!やまがた

山形・秋田の3施設が連携「移動動物園・おでかけ水族館」 子どもたちが生き物に親しむ 山形 7/11

連携協定を結ぶ山形・秋田の3つの水族館・動物園による「移動教室」が鶴岡市の小学校で行われ、子どもたちが生きた動物たちと触れ合った。

この移動教室は、利用促進に関する連携協定を結ぶ鶴岡市の加茂水族館と、秋田の動物園・水族館の3者が合同で行ったもので、それぞれが飼育する生き物が展示された。

生き物に親しんで理解を深めてもらうことがねらいで、きょう(11日)は鶴岡市の湯野浜小学校の子どもたちが学年ごと班に分かれ見学した。
このうち秋田市大森山動物園のブースでは、アカコンゴウインコやモルモットなどの生きた動物が展示され、子どもたちが実際に触れながら親しんでいた。

(児童)
「(Q.触ってみてどう?)気持ち良い。さらさらしている。あまりモルモットを見る機会がない」

また、男鹿水族館のコーナーでは、アシカやアザラシの赤ちゃんと同じ重さの人形が用意され、子どもたちが実際に抱き上げていた。

「だいたい10キロぐらいで産まれてくる。けっこう重い。1年生ぐらいの体重」

(加茂水族館・奥泉和也館長)
「こういう取り組みは大変なので年に一度ぐらいしか出来ないが、継続して秋田・山形の動物園や水族館を知ってもらい利用促進し、生き物の理解を深めるチャンスになればいい」

学校の体育館での生き物との触れ合いに、子どもたちは一様に目を輝かせていた。





<<前の記事 ネギ・スイカ畑で浸水被害 尾花沢スイカの被害額500万円 生産者は排水・消毒に追われる 山形

>>次の記事 【モンテディオ山形】天皇杯3回戦 J1札幌と点の奪い合いも3対6で敗れる

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーン国連共同キャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ