newsイット!やまがた

山形銀行・荘内銀行 普通預金の金利引き上げ年0.02%に きらやか銀行は市場動向で判断 4/ 3

山形銀行と荘内銀行は、日銀のマイナス金利政策解除などを受け、4月8日から普通預金の金利を引き上げると発表した。金利の引き上げに、街の人からは歓迎と不安、両方の声が聞こえた。

このうち山形銀行は、4月8日から、これまで年0.001%だった普通預金の金利を、20倍に当たる年0.02%に引き上げる。
これは、日銀によるマイナス金利政策の解除などを受けたもので、山形銀行が普通預金の金利を引き上げるのは2007年以来17年ぶり。

たとえば100万円を預けた場合、これまでは1年間でつく利息が10円だったのに対し、引き上げ後の利息は20倍の200円となる。
また、貸出金利や住宅ローン金利については、今後の市場動向を見て判断するとしている。
マイナス金利解除に伴い金利を引き上げるのは、県内の地方銀行では初めて。

金利引き上げについて街の人は...。

公務員(28)
「上がる分にはうれしいが、いま銀行もいろいろあるので、あまり波がないよう平穏にいってほしい」

会社員(43)
「喜ばれるのでは。デメリットは思いつかない」

派遣社員(42)
「私はローンはなく預けているだけなのでうれしい」

会社員(37)
「金利を上げるといってどれだけそれが手元に入るか。あまり気にならない。住宅ローンの金利を変動にしたことでどれくらい上がるか気になる。今後の長い支払いの中で上がらないことを祈るばかり」

そして荘内銀行も、3日午後5時半すぎ、同様に普通預金の金利を0.001%から0.02%に引き上げると発表した。
きらやか銀行は、今後の市場の動向をみて判断するとしている。





<<前の記事 矢口市長「大変うれしく思う」 洋上風力発電・酒田港整備に国の予算26億1000万円配分 山形・酒田市

>>次の記事 【インフルエンザ/山形】患者数678人・2週連続減少も警報レベル続く 学校再開で増加懸念も

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーン国連共同キャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ