newsイット!やまがた

大正から100年以上続く伝統行事「山の神の勧進」 五穀豊穣・子孫繁栄・無病息災を祈願 山形・金山町 4/ 2

ご神体を背負った子どもたちが家々を回る伝統行事「山の神の勧進」が金山町で行われ、春を告げる威勢のいい声が町じゅうに響き渡った。

「山の神の勧進、勧進! 三升五合量れっちょ、量れっちょ!」

「山の神の勧進」は、金山町に伝わる4月2日の恒例行事。
「女神」である山の神は、女性が近づくことを嫌うとされ、山崎地区では男子が各家庭を回る。
2024年は、1歳から中学2年生までの14人が"神の使い"となり、普段、地元の神社に安置しているご神体の石像や木像を分担して運び、一軒一軒回って「守り神」の到来を告げる。

「山の神の勧進、勧進! 三升五合量れっちょ、量れっちょ!」

(住民)
「五穀豊穣。豊作になるように願いを込めた地域の伝統行事。今年も豊作になるように願った」

4月2日は「山の神」と「田んぼの神」が入れ替わるとされる旧暦の3月3日でもある。
地区の人たちは、五穀豊穣や子孫繁栄に加え、無病息災も祈願していた。

「山の神の勧進、勧進! 三升五合量れっちょ、量れっちょ!」

(住民)
「どうもありがとうございます。孫たちと家族の健康を祈った。子どもは地域の宝もの」

大正時代から100年以上続く「山の神の勧進」。
日中、家にいなかった住民たちは、夜の公民館に集まり、安置された山の神に祈りを捧げるという。





<<前の記事 「変わらずおいしい」と太鼓判 沢の水に浸したソバの実で作った"山めん寒ざらしそば"試食 山形

>>次の記事 小林製薬の「紅麹サプリ」専用窓口に初日37件の相談...健康被害の相談は2件 山形

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーン国連共同キャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ