newsイット!やまがた

元留学生ランナーが米沢市の地域おこし協力隊に...2013年「箱根駅伝」花の2区で12人抜き 山形 4/ 2

かつて「箱根駅伝」で12人抜きの快走を見せた留学生ランナーが、米沢市の地域おこし協力隊に着任した。子どもたちへの指導を通した競技力の向上などが期待される。

2日、米沢市の地域おこし協力隊に着任したのは、ケニア出身のガンドゥ・ベンジャミンさん(32)。
ベンジャミンさんは、日本大学への留学時代に箱根駅伝に出場し、エースが集う「花の2区」で怒涛(どとう)の12人抜きを演じ、区間賞を獲得した名ランナー。

(ガンドゥ・ベンジャミンさん)
「スポーツの大切さを伝えていきたいです。米沢の皆さん、どうぞよろしくお願いします」

日大を卒業後、日本に残る道を選んだベンジャミンさんは、実業団での活動を経て、栃木・壬生町の地域おこし協力隊に着任。
市民ランナーとしてマラソンなどに出場しながら、陸上教室などを開いて地域の競技力向上に貢献してきた。

壬生町での任期が終わることから、米沢市が募集していた陸上・長距離選手の育成に関わる協力隊員に応募したという。

(米沢市スポーツ課・富取桂樹課長)
「まさかここまで超一流の選手が応募してくれるとは思っていなかった。『本当か』という驚きが第一でした。市民のだれもが『ベンジャミン頑張れ!』と、手を振って応援してくれるような隊員になったら最高」

2024年度は学校での特別授業や陸上教室などを通して、市民との交流を深める予定。

(ガンドゥ・ベンジャミンさん)
「子どもたちとこれから楽しく一緒に練習をやっていきたい。陸上や走ることが好きになったら、米沢のスポーツの将来は明るいと思う」

4月末に開催される「県縦断駅伝」にも、さっそく米沢チームとして参加する予定のベンジャミンさん。一流のアスリートが、米沢を大いに盛り上げてくれそうだ。





<<前の記事 野草園で春探し・フクジュソウが見ごろ ザゼンソウ・ミズバショウと次々と春が芽吹く 山形市

>>次の記事 「変わらずおいしい」と太鼓判 沢の水に浸したソバの実で作った"山めん寒ざらしそば"試食 山形

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーン国連共同キャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ