newsイット!やまがた

第一線で活躍している次世代を担う警察官を称える「山形県民の警察官」2人決まる 山形 11/20

県民の安全を守るため第一線で活躍する警察官を称える「山形県民の警察官」の選考委員会が開かれ、2人の受賞者が決まった。

「山形県民の警察官」は、県民の安全と安心を守るため第一線で活躍している次世代の県警を担う警察官を称えるもの。
県警本部の推薦をもとに選考を行った結果、尾花沢警察署・警務係の阿曽潤警部補(49)と、警察本部・生活安全部サイバー犯罪対策課の奥山将巡査部長(45)の2人が受賞者に決まった。

阿曽警部補は、北京語が堪能でその語学力を活かし、外国人観光客が多く訪れる銀山温泉などでトラブル対応にあたっているほか、住民と連携し夜光反射材を着たかかしを設置するなど、地域の安全に貢献した。

一方、奥山巡査部長は、サイバー犯罪を防止するため、知識や情報を県民にわかりやすく共有したほか、ボランティアのサイバーパトローラーに有害情報の発見方法などを教え、情報提供の数を増加させたことが評価された。

表彰式は、2024年1月24日に行われる。





<<前の記事 【山形ワイヴァンズ】延長にもつれ込むも山形の武器・3ポイントシュートで静岡振り切る

>>次の記事 県全体の冬タイヤ装着率45%...平野部でも積雪の恐れあり・早めのタイヤ交換を 山形・11/15時点

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーン国連共同キャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ