newsイット!やまがた

深刻!大雨被害 山形県内10市町に災害救助法適用 8/ 4

県は今回の大雨被害が多くの住民に及ぶ恐れがあるとして、10の市と町に災害救助法の適用を決めました。

(吉村知事)
「明るくなって被害状況が分かってきた。必要な対策を市町村や関係機関と連携してしっかりやっていきたい」

災害救助法が適用されたのは長井市や飯豊町など10の市と町です。

適用により、市町村は避難所の運営や炊き出しや飲み水の提供など、被災者の救助を行う際、国や県の補助を受けられます。

また県はきょう午後3時時点の被害のまとめを発表しました。

人的被害は飯豊町で行方不明者1人、住宅の浸水被害は少なくとも7つの市と町で
確認されています。

避難所は18の市と町であわせて107カ所開設され、実際に280人が避難しました。

集落の孤立は小国町の14地区で発生し今も2つの地区の11世帯の孤立が続いています。

また断水が川西町と飯豊町で発生し、停電が10の市と町の3000戸以上で発生しました。

農作物は西村山と北村山、置賜で稲が水に浸かる被害が確認されています。




<<前の記事 線状降水帯被害深刻...山形県内に大きな爪あと

>>次の記事 自宅療養者急増で鶴岡市が「買い物代行」支援 山形

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ