newsイット!やまがた

認可保育所でクラスター 山形県内のクラスター発生は9/25以来 山形県新庄市 10/13

新型コロナウイルスの新たなクラスターが確認された。

(山形県健康福祉部・大場秀樹次長)
「子どもの保育を行っている、新庄市のにこにこ東園。認可保育所と聞いている」

山形県によると、新庄市の「にこにこ東園」で確認されたクラスターは、13日までに5人で、3人は男女の園児、2人は30代の女性職員。

「にこにこ東園」は園児45人、職員16人で、13日までに全員分の検体の採取を終え、検査の結果は早ければあすまでに出る見通し。山形県によると、職員は全員マスクを付けて業務にあたっていたということだ。

(山形県新型コロナワクチン接種総合企画課・阿部英明課長)
「(職員)全員がワクチン接種していたわけではない。(体質的に)打てなかった人が若干名いるがそれ以外は全員接種終わっている。お子さん(園児)は全然打っていないので、そちらの方からの(感染の)可能性が高い」

山形県内での「クラスター」の発表は9月25日以来で、世代ごとの接種が進み、感染も比較的落ち着いていた中での確認に、山形県は改めて感染対策の徹底を呼びかけている。

(山形県健康福祉部・大場秀樹次長)
「感染力が強いデルタ株のリスクが身の回りにある以上、個別のケースで見ると集団で(生活する)という所についてはクラスターになり得る。(感染が)落ち着いているように見えても、常にリスクは身の回りにある」

山形県内では13日、新庄市と山形市で「にこにこ東園」の4人を含む計7人の感染が発表された。県内の累計の感染者は3519人となり、このうち入院しているのは前日から1人減り5人、重症はいない。



<<前の記事 【山形】新型コロナ新たに7人 クラスターも

>>次の記事 高齢ドライバーが「サポカー」を体験 山形県新庄市

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ