newsイット!やまがた

山形市 12歳~16歳向けワクチン接種券 8月上旬に発送 7/20

山形市は新型コロナワクチンの12歳から16歳の接種について、8月上旬に接種券を発送することを決めた。接種は個別と集団で実施するという。

山形市は20日、ワクチン接種に関する会議を開き、12歳から16歳の接種体制について協議した。

(山形市 佐藤孝弘市長)
「年齢が下がるほど副反応があると言われている。保護者も含めて心配な点があると思う」

会議では12歳から16歳の接種の方向性が決まり、山形市は子どもの対応に精通している小児科医の協力を得て、個別接種と集団接種で行う。接種できる医療機関や集団接種会場、予約方法はまだ決まっていないが、8月上旬に接種券を発送するということだ。

(山形市 佐藤孝弘市長)
「夏休み期間に打ちたいというのもあると思うが、山形市としては多少時間がかかっても保護者・子どもに安心して十分な情報をもって判断してもらえる体制(を作っていく)」

12歳から16歳は8月7日からの山形県庁での大規模接種でも接種できる。山形市の接種よりも早く始まるため、山形市は山形県の大規模接種を希望する場合は接種券を前倒しで発送するということだ。



<<前の記事 新型コロナ「L452R」山形県内で初確認 デルタ型か詳細検査へ

>>次の記事 新型コロナ 新たに2人の感染発表 「デルタ型」疑いはなし 山形

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ