newsイット!やまがた

山形市64歳以下集団接種 高齢者施設・飲食など5業種を優先対象に 6/11

山形市は、高齢者の後に始まる18歳から64歳のワクチン接種について、高齢者施設や学校など5つの業種を優先して行うと発表した。専用の集団接種会場も設置する。

山形市は64歳以下のワクチン接種について、7月から基礎疾患のある人や年齢の高い順に予約を受け付ける。さらに、高齢者施設、学校、保育所や幼稚園、障がい福祉サービス飲食店や宿泊施設の5つの業種を優先して接種すると発表した。

対象になっているのは2万3400人で、山形市保健所と霞城公民館、東部公民館の3か所に専用の集団接種会場を設ける。1回目の接種が6月30日から、2回目の接種は7月21日から。この3つの会場で接種できるのは、合わせて8000人程度になり、それ以外の人は、個別接種や15日から始まる山形ビッグウイングでの大規模集団接種で、高齢者とともに接種することも想定している。



<<前の記事 天童温泉協同組合がワクチン職域接種を申請 7/4からスタート

>>次の記事 新型コロナ 留置中の男性が感染 留置内は山形県内初

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ