newsイット!やまがた

コロナ禍の中就職面接会 「売り手市場から変化」 山形・天童市 11/21

新型コロナの影響などで就職活動を取り巻く環境が厳しくなる中、山形県天童市で就職面接会が開かれました。

 

山形労働局と天童市が共同で開催したこの就職面接会は、安定した雇用の創出を目的に5年前から年に一度開かれているものです。面接会には天童市内に就業場所がある22の企業が参加。コロナ対策として去年より8社減らしての開催となりました。

 

会場には午後1時の開始と共に職を求める多くの人が訪れ、担当者の話に耳を傾けながら熱心に自分をアピールしていました。

 

(ハローワークやまがた・須藤弘和 就職支援部長)
「売り手市場の状況から、少し状況が変わりつつある。日々窓口体制を強化しながら取り組んでいきたい」

 

今年9月時点の県内の有効求人倍率は、1.03倍と11カ月連続で減少しているのに加え、新規求人数も去年の同時期に比べ23.1ポイントも下がっており、雇用環境における新型コロナの影響は色濃さを増しています。





<<前の記事 山居倉庫が「史跡」指定へ 文化審議会が答申 山形・酒田市

>>次の記事 山形県内の景気 「持ち直しの動き」 日銀山形事務所が発表

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ