newsイット!やまがた

今後のトレンドに? 抗ウイルスコーティング 東根市のスキー場で 山形 11/19

19日は暑くなった山形県内ですが、ウインタースポーツのシーズンはまもなくです。東根市のスキー場では特殊な塗料を使った感染対策が行われました。「抗ウイルスコーティング」とも呼ばれるこの対策、一体どういうものなのでしょう。

(記者)
「まもなくウインタースポーツシーズン、しかし今年はコロナ禍、こちらのスキー場では「ある特殊な塗料」を使って感染対策を行っている」

山形県東根市のスキー場ジャングル・ジャングルです。一見、レストランの机を消毒しているだけのように見えますが...

(FCR抗ウイルス抗菌事業・竹中裕明 事業推進リーダー)
「特殊な塗料を振りかけまして、全面に伸ばして、表面をコーティングしている」

こちらがその「特殊な塗料」その名も「イチコロ」。東京の会社が作ったコーティング剤です。塗料に含まれる酸化チタンは、太陽光や蛍光灯などの光を浴びることで、ウイルスや菌の動きを封じる働きを発揮します。コーティングされた面に付着すると、菌は増えることが出来ず死滅すると言います。また光を浴びない時間帯は抗菌作用がある銀イオンがその役割を補うため、効果はおよそ1年も続きます。接触感染の防止に大きな効果があるというこの塗料。全国のスキー場で導入が増えていて、こちらでもレストランやロビーなど多くの人が利用する場所を中心に対策を施しました。

(ジャングル・ジャングル・滝口栄一支配人)

「今までにない新型コロナウイルスの影響に戸惑いはありますが、お客様が安心してご来場されるよう、当スキー場で出来る最善の対策を講じてお客様をお迎えしたい」

来月のオープンに向け冬のレジャー施設でも感染対策は進んでいます。





<<前の記事 鶴岡市鼠ヶ関で季節外れの「夏日」に 散歩中の犬もヘトヘト 山形

>>次の記事 山形・鶴岡市の女性2人が感染 勤務する保育園の32人も検査対象に

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ