newsイット!やまがた

鶴岡市鼠ヶ関で季節外れの「夏日」に 散歩中の犬もヘトヘト 山形 11/19

山形県鶴岡市鼠ヶ関では日中の最高気温が25.4度となんと「夏日」となりました。きょう11月19日の夏日は、山形県内では観測史上最も遅い「珍事」です。


(記者)
「午後1時 鶴岡市鼠ヶ関 日差しがとても強く、もう少しで冬が来るとは思えないほど汗ばむ陽気」


各地で最高気温が9月中旬から10月中旬並みとなった19日の山形県内。鶴岡市鼠ヶ関では最高気温が25.4度と県内の観測史上「最も遅い」夏日となりました。この季節外れの暑さに散歩中の犬もヘトヘトです。

(飼い主)
「これだけ暑いのは記憶がないTシャツで良いくらい。私も暑いが、犬たちもすごくつらそう」

このほか鶴岡でも最高気温が25.2度で夏日となったほか、県内22の観測地点のうち4ヵ所で11月の観測史上最高を記録しています。冬を目の前に訪れた記録的な暑さ。気象台は3つの条件が重なったと話します。

(山形地方気象台・栗田邦明次長)
「高気圧に覆われて天気が良い、南寄りの暖かい空気が(日本付近に)入っている、局地的にはフェーン現象の効果がある」

沿岸部はこの「フェーン現象」で特に暑くなったという19日の山形県内。明日までは気温が平年より高いものの、あさって以降はじわじわと平年並みに戻るということです。





<<前の記事 新型コロナ 県内で新たに5人の感染を確認 5人は4月以来7か月ぶり 山形

>>次の記事 今後のトレンドに? 抗ウイルスコーティング 東根市のスキー場で 山形

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ