さくらんぼテレビ Live News

実りの秋を実感 小学生が稲刈り体験 「授業より楽しい」 山形市 9/16

山形市の小学生が稲刈りを体験です。今年は新型コロナの影響で毎年行ってきた田植えが出来なかった子どもたちは、青空の下、思う存分実りの秋を感じていました。

 

山形市の東沢小学校では毎年、地元の自然に触れ地域との繋がりを大切にしてもらいたいと、5年生が田植えや稲刈りをしています。

 

今年は新型コロナの影響で臨時休校となり、田植えが体験できなかっただけに子どもたちは稲刈りをとても楽しみにしていました。

 

稲刈りはスムーズにできていた子どもたちですが、束ねる作業は一苦労です。地域の人にコツを教えてもらいながら丁寧に作業を進めていました。

 

(児童)
「普通の授業よりこっち(稲刈り)のほうがかなり楽しい」

 

(児童)
「すごく楽しみにしていた。稲を刈るところや結ぶところが楽しかった」

 

(児童)
「いろいろな人の協力で精いっぱい作られた米なので、最後も精いっぱい協力して美味しく食べたい」

 

黄金色の稲に実りの秋を感じた子どもたち。刈り取ったもち米は、学校の収穫祭で餅つきをして、地域の人たちと味わうということです。





<<前の記事 新型コロナ巡る差別・偏見 専門家が相談に対応へ 山形 

>>次の記事 山形県内の地銀3行 電子決済サービスを一時停止 預金の不正引き出し問題に対応

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ