さくらんぼテレビ Live News

新型コロナ巡る差別・偏見 専門家が相談に対応へ 山形  9/16

新型コロナウイルスを巡る差別や偏見などの対策を話し合う、山形県の会議が開かれました。今後、県内では専門家が相談に対応していきます。

 

16日に設立された協議会は、臨床心理士や弁護士、教育関係者などで構成されています。

 

県によりますと、新型コロナを巡り医療従事者が「バイ菌」扱いされたり、感染者が発生した地域で「回覧板を回したくない」との声があったりと差別や偏見が確認されています。

 

(県健康福祉部・渡邊丈洋次長)
「(新型コロナを巡るいじめなどは)早めにつんでおく、仮に大きくなったとしても適切に対応していくことが必要」

 

また、規模が小さい市町村では「相談先に知り合いがいて相談しづらい」という声が寄せられました。

 

こうした現状を踏まえ、今後、協議会は市町村に県も加わって相談に応じる「サポートチーム」を作り、より窓口を広げて相談しやすくします。さらに、相談の内容によって、協議会を構成する医師や臨床心理士などをサポートチームに派遣し、より専門的に相談に対応していきます。

 

サポートチームへの相談は、各市町村をはじめ県健康福祉部や各総合支庁でも受け付けています。





<<前の記事 小学校で最上川氾濫想定の訓練 7月の経験生きる避難行動 「素早い避難が大切」 山形・大石田町

>>次の記事 実りの秋を実感 小学生が稲刈り体験 「授業より楽しい」 山形市

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ