さくらんぼテレビ Live News

山形市の市道で女性の車追いかける あおり運転で東北初摘発  9/15

先月下旬、山形市内であおり運転を行った疑いで、県警は市内の44歳の男性を書類送検しました。今年6月に厳罰化されてから、東北地方であおり運転が摘発されるのは今回が初めてです。

 

道路交通法違反の疑いで書類送検されたのは、山形市に住む無職の44歳の男性です。

 

警察によりますと、男性は先月下旬山形市小立の市道で、20代の女性が運転する車に後ろからパッシングを行ったり、クラクションを鳴らし続けたりする「あおり運転」をした疑いが持たれています。

 

そのきっかけはささいなことだったと見られています。事件の直前、男性が道に迷って停車していると後ろから女性の車がやってきて「クラクション」を鳴らしたと言います。

 

その直後、男性はいきなりバックを始め、不審に感じた女性がUターンすると、そのまま追いかけて「あおり運転」を行ったということです。

 

警察は、女性の車の後ろについていた「ドライブレコーダーの映像」から男性の犯行を特定したもので、男性は調べに対し「クラクションを鳴らされ腹が立った」と話し、容疑を認めているということです。

 

今年6月に道路交通法が改正され、「あおり運転」が厳罰化されてから、東北地方での摘発は今回が初めてです。





<<前の記事 宿泊キャンペーンの対象エリア拡大 隣県ではコロナの感染拡大 ホテルなどは期待と不安 山形

>>次の記事 山形県内の野党共闘は揺るがず 連合山形「新立憲民主」に期待 

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ