newsイット!やまがた

山形県含む東北南部が梅雨明け 平年・去年より8日遅い 8月の梅雨明けは7年ぶり 8/ 2

仙台管区気象台は2日、山形県を含む東北南部の梅雨明けを発表しました。平年と去年より8日遅い梅雨明けです。

 

千島近海にある高気圧が北日本に張り出した影響で、2日の山形県内は全域で晴れや曇りの天気となり、仙台管区気象台は山形県を含む東北南部の梅雨明けを発表しました。東北南部の梅雨明けは、去年と平年より8日遅くなっていて、8月に入ってからの梅雨明けは2013年以来7年ぶりとなります。

 

山形地方気象台によりますと、3日は気圧の谷や湿った空気の影響で曇りとなり、昼前にかけて雨の降るところがあるものの気温が上昇する見込みで、県が熱中症に注意するよう呼びかけています。





<<前の記事 山形・河北町で災害ボランティア受け入れスタート 高校生らが泥のかき出しなど手伝う

>>次の記事 記録的大雨で断水の山形・尾花沢市で給水再開へ 住民からは安どの声 

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ