さくらんぼテレビ Live News

感染確認のスナックの女性従業員 6日から11日まで勤務 濃厚接触者は従業員や家族など数人 山形・寒河江市 7/14

山形県は13日の夜、寒河江市のスナックの女性従業員1人が感染したと発表しました。感染が確認されたのは、埼玉県在住で天童市に帰省していた20代の女性です。

 

山形県によりますと、女性は今月6日に帰省してから寒河江市本町のスナック「ピンクソーダ」で働いていました。6日に咳、9日に嗅覚障害が出たため、13日に医療機関を受診し、感染が確認されました。

 

また女性の勤務時期について県は6日から9日までとしていましたが、新たに11日まで勤務していたことが分かったということです。

 

(記者)
「周辺の人によると、土日は客の出入りが多く、客層は若い人が多かった」

 

地域をよく知る人も...。

 

(地域を知る人)
「夜の代行やっていた時はこの辺に来ていたことがある。その時は県外ナンバーも多く来ていた。お客さん多かったので。(特に)金曜日と土曜日」

 

また濃厚接触者は店の従業員7人と家族など数人であることがわかり、順次PCR検査を行っています。また、客の隣に座っての接客はなかったと見られ、従業員はマスクを着用し、アルコール消毒も徹底していたことから、県は「感染が広がる恐れは少ない」と見ています。

 

しかし念のため利用した人は、症状の有る無しに関わらず村山保健所に相談してほしいとしています。

 

保健所には14日の午後4時時点で数十件の問い合わせが寄せられていて、今後、検査を実施する予定です。





<<前の記事 感染確認の自動車教習所の教習生 濃厚接触者9人は陰性 15日から教習再開 山形・白鷹町  

>>次の記事 15日スタート「旧大沼感謝閉店セール」 元従業員が感謝込め準備 「お客様に感謝の気持ちを込めて販売したい」 山形市

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ