newsイット!やまがた

御朱印ネット転売やめて! 遊佐町の由緒ある神社が呼びかけ 山形 7/ 9

神社やお寺の「御朱印集め」がブームになっていますが、その転売も目立っています。山形県遊佐町の神社の御朱印は9倍以上の値段で取引されていて、神社では「神様に失礼」と憤りを隠しません。

遊佐町の鳥海山大物忌神社です。1400年以上の歴史があり多い日には600人が参拝に訪れます。神社の本殿は鳥海山の山頂にありますが、今年は新型コロナウイルスの影響で開けなくなりました。

(参拝者)「山頂の方、いただけますか?」


参拝の証しとして授けられる御朱印ですが、今年は頂上まで登らないと手に入らない「山頂本殿」の御朱印を遊佐町吹浦の社殿で特別に配っています。貴重な御朱印が手に入る気軽さからか、「山頂本殿」の御朱印が先月ネットオークションで、500円の代金のおよそ9倍で転売されていました。

(鳥海山大物忌神社出仕 鳥海真史さん)
「転売されるのは御祭神に対して失礼。皆さんの信仰を守る神社・神職としても大変憤りを感じる」

全国的にも御朱印のインターネットを通した高額転売が相次いでいて、県内のほかの神社の御朱印も対象になっていました。神社では違法ではないとしながらも、御朱印の本来の目的をいま一度考えてほしいと話しています。

(鳥海山大物忌神社出仕 鳥海真史さん)
「参拝に来て『頂く』というのが、御朱印の本来の形。ネット等で購入してどうなのかなという気持ちがある」

鳥海山大物忌神社では転売される御朱印は絶対に購入しないでほしいと呼び掛けています。





<<前の記事 甚大な被害九州の豪雨 県内スーパーへの影響も 山形

>>次の記事 J2リーグ11日から有観客試合 課題と展望は モンテディオ山形の社長が会見

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ