newsイット!やまがた

山形・コロナ疲れに最適野菜 滋養強壮「行者菜」収穫最盛期 5/26

山形県長井市では、行者ニンニクとニラを交配させた「行者菜」が収穫期を迎え、農家が収穫に追われています。

 
行者菜は、滋養強壮効果の高い行者ニンニクと強い香りや味が特徴のニラを交配した長井市の特産野菜です。

 

市内の40軒の農家が生産グループを組織して栽培していて、今月中旬から収穫が始まりました。

 
生産農家の遠藤孝志さんも、長井市時庭のおよそ4アールの畑で40センチほどに成長した行者菜を鎌で手際よく刈り取っていました。

 
今年は、4月に気温が上がらず生育が少し遅れたものの、その後は安定した天候が続き生育は順調だということです。

 
(生産農家 遠藤孝志さん)
「今(コロナで)いろいろ騒がれているが体作りが一番。行者菜は栄養たっぷりなので食べて体力をつけて日々生活を送ってほしい」

 
収穫は9月まで続き、生産者グループでは、去年より5トン多い25トンの出荷を見込んでいます。





<<前の記事 山形・長期休校で不登校!? 生活リズム戻らず学校嫌い児童増加  

>>次の記事 山形・鶴岡市鼠ヶ関の工事現場に身元不明遺体

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ