newsイット!やまがた

加茂水族館もようやく再開 感染対策で「検温と連絡先確認」 入館者は1時間あたり240人に制限 山形・鶴岡市 5/18

臨時休館していた山形県鶴岡市の加茂水族館も1ヵ月半ぶりに営業再開です。検温などの感染対策をしっかりとった上で、館内には久しぶりにクラゲなどを楽しむ人たちの声が響きました。
感染症の影響で、先月5日から1ヵ月半ぶりの営業再開となった鶴岡市の加茂水族館では、来館者に対しサーモグラフィーでの検温を新たに始めました。また感染者が発生した場合に速やかに対応できるよう、入場口で電話番号や名前などを確認しています。
展示されている約60種類のクラゲも元気な様子で、18日は再開を待ちわびた人たちがさっそく訪れました。しかし県外から訪れた人からは複雑な声も聞かれました。
(関東地方から)
「お客さんが少ないので気が咎められている。自分自身も来ちゃっていいのかなと葛藤があった」
(加茂水族館・奥泉和也館長)
「お客様を見てほっとしている。喜びはものすごく感じているが、未曽有の国難の時なので(新型コロナ)対策だけは怠りなくやっていきたい」
加茂水族館では密な状況を作らないよう、入館者を1時間あたり240人に制限するということです。




<<前の記事 県立学校で授業再開 先生はフェイスシールド着用 久しぶりの授業に生徒は安どの表情 山形

>>次の記事 山形・映画文化施設消える 新型コロナが打撃

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ