newsイット!やまがた

山形大医学部の男性職員 業務委託先の従業員にパワハラ 停職1ヵ月の懲戒処分 5/14

山形大学医学部の男性職員が、業務委託先の従業員に3年以上にわたってパワハラをしていたとして、大学は13日、職員を停職1ヵ月の懲戒処分にしました。
停職1ヵ月の懲戒処分を受けたのは、山形大学医学部の50代の男性職員です。山形大学によると職員は、2016年から去年まで、業務委託先の複数の従業員に対し、暴言を吐いて説教し、精神的苦痛を与えたということです。去年11月、業者が大学に相談し、大学の調査の結果、パワハラの事実が確認されました。
職員は「行き過ぎた言動だった。反省している」と話しているということです。山形大学の玉手英利学長は「ハラスメント防止に取り組み、信頼回復に努める」とコメントしています。




<<前の記事 山形・「記憶がない」車で鳥居壊す 自衛官事故を届け出ず 飲酒運転で書類送検

>>次の記事 山形・期待と不安の営業再開 15日の自粛解除を前に準備進む

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ