さくらんぼテレビ Live News

段ボールで飛沫感染シャットアウト 山形県の会社がパーテーションを販売 安価なキットに注文殺到 4/23

山形県天童市の段ボール製造会社が新型コロナウイルスの飛沫を遮るパーテーションを制作しました。価格も手ごろとあって行政や金融機関などから注文が殺到しています。
制作したのは東京に本社を置く段ボール製造会社「出羽紙器製作所」です。新型コロナウイルスの感染防止の一助になればと先月下旬から制作に乗りだしました。出羽紙器製作所山形工場の鹿野賢治さんは「会社全体で社会貢献を掲げて国難に対して何か貢献できないかなと考えた」としています。
パーテーションは窓口などで使える1面タイプとデスクなどを囲むことができる3面タイプがあり、どちらも組み立てキットとして販売します。大きさも縦70センチ、横1メートルで組み立ても簡単なうえ、使用後は小さく捨てられるように工夫されています。
段ボールが材料とあって1面タイプは550円、3面タイプは750円と価格も手ごろで、すでに行政や金融機関などから3000件以上の注文が来ているということです。
注文や問い合わせは出羽紙器製作所のホームページなどで受け付けています。




<<前の記事 従業員感染で「道の駅米沢」消毒作業 再開は5月11日以降 ドライバーの検温場所としても使用

>>次の記事 新型コロナで動物や保護団体も受難 里親見つけられず運営費かさむ

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ