さくらんぼテレビ Live News

サクラ満開も霞城公園を閉鎖 山形市で初の感染者確認 サクラが散るまで継続 4/10

山形市は、4月9日に初めて市内で新型コロナウイルスの感染者が確認されたことを受け、10日から桜の名所の霞城公園を閉鎖した。
山形市は9日、市内で初めて感染者が確認されたことを受け、花見客による密集を避けるため、霞城公園の閉鎖を決めた。
(記者)
「午後10時を過ぎた。東大手門のゲートがいま閉まろうとしている。ゲート閉めるのは日常の業務だが、ここが再び開くのは桜が散った後になる」
9日夜、霞城公園の東大手門では、市の職員などがゲートを閉め、閉鎖を知らせる案内を取り付けていた。南門と西門には、新たにバリケードを設置した。
10日の朝は、いつも公園を通って通勤している男性が、閉鎖を知らずに通ろうと来ていた。
(男性)
「しょうがないから別のルートで。今サクラも綺麗だし、そういう所を通った方が、普通の道路を通るよりは良い」
霞城公園はちょうど桜が見ごろを迎えていて、花見は出来なくても映像や写真に残そうという人も訪れていた。
(女性)
「高齢者施設に行っているので、今はお花見出来ないから、お花を撮って流そうかなと。(閉鎖を)知ってるけど来た」
市は、閉鎖期間を桜が散るまでとしている。




<<前の記事 「無条件に受け入れるのは難しい」 緊急事態宣言の7都府県から宿泊予約 県が慎重な対応求める

>>次の記事 「あの店が新型コロナ...」 会社役員がネットにウソの書き込み 営業妨害で逮捕

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ