さくらんぼテレビ Live News

2024年春・山形新幹線に新型車両投入へ 「E6系」ベースの「E8系」 最高時速は300キロ 3/ 3

JR東日本が山形新幹線の利便性向上に向け、2024年の春から新型車両「E8系」を導入すると発表した。最高時速300キロで時間短縮を図る。
これが3月3日に発表された山形新幹線用の新型車両「E8系」のイメージ図。E8系は秋田新幹線の「E6系」がベースになっていて、E6系よりも先頭部分が4メートル短く座席数が25席多くなっている。
最高時速は現在より25キロ速い300キロで、時間短縮が期待される。2024年春から順次導入されるという。
また、山形新幹線が東北新幹線と合流する福島駅の大規模改良も発表された。現在、新幹線の下りホームにだけつながっている在来線からのアプローチ線を上りホームにもつながるよう新設する。これによりダイヤの乱れからの復旧がスムーズになるという。新たなアプローチ線は2026年度末の使用開始を予定している。
JR東日本の発表を受け吉村知事は「本県と首都圏との交流が拡大し、一層の地域活性化につながっていくことを期待している」とコメントしている。




<<前の記事 仙台への通勤・通学に不安の声 仙台で東北初の感染者を確認 時差出勤などの対応も 山形

>>次の記事 山形市で臨時休校始まる 学童保育が1日受け入れ開始 スタッフが手探りで対応

ただいま放送中!

詳しい番組表
Back to Page Top
会社案内採用情報地上デジタル放送SAYフラワーネットFNSチャリティキャンペーンさくらんぼテレビ社内見学
放送のしくみCMのしくみ放送基準番組審議会番組種別青少年に見てもらいたい番組個人情報保護方針
国民保護業務計画リトルリーグご意見・ご感想系列局リンクテレビ視聴データについてサイトマップ