えがおさくさく

さくらんぼテレビ Live News

「車上狙い」無施錠率8割超・全国ワースト3位 被害の約半数が自宅駐車場 8/14

 
今年の上半期、県内で確認された「車上狙い」の被害のうち、鍵をかけていなかった車は8割を超え、全国ワースト3位だったことが分かった。
 
県警によると、車の中の財布やバッグなどが盗まれる「車上狙い」の被害は、今年6月末までに76件確認されした。このうち、鍵をかけていなかった車は66件、率にして86.8パーセントで「無施錠率」は全国で3番目の高さだった。去年の90.4%からやや改善したものの、全国平均の55.4%を大きく上回っている。被害の約半数にあたる37件が自宅の駐車場での被害で、現金だけではなく免許証やクレジットカードなども盗まれている。
 
一方、住宅への「忍び込み」の被害は24件で、「無施錠率」は100%だった。警察は「家も車も、鍵をかければ被害にあう確率は限りなく低くなる。自分は被害に遭わないと思い込まず、施錠を徹底してほしい」と呼びかけている。