えがおさくさく

さくらんぼテレビ Live News

夏の甲子園2回戦・鶴岡東がセンバツ準V習志野を撃破 次戦は関東一(東東京) 8/14

 
県代表の鶴岡東が14日の2回戦で、今年のセンバツ準優勝の千葉・習志野に9対5で勝った。県勢としては5年ぶり、鶴岡東としては初めての夏の甲子園2勝。
 
香川・高松商業との1回戦では、鮮やかな逆転劇で夏の甲子園4年ぶりの勝利を飾った鶴岡東。その勢いで主導権を握る。2回表、フォアボールとヒットで1アウト1塁3塁の場面で、7番・山路がライト前に運び1点を先制。
 
なおもランナー2人を置き、9番・ピッチャーの影山。ライトフェンス直撃のタイムリーで2点を追加した。さらに、続く1番・河野にもタイムリーが出ると、ここで習志野は早々とピッチャーを交代。変わったエースから3番・山下もタイムリー。鶴岡東はこの回一挙5点を奪う。
 
その後、2点差まで詰め寄られるが、8回、先頭の5番・丸山。引っ張った打球は、見事レフトスタンドに飛び込むホームラン。1点を追加するとさらにこの回、2アウトながら1塁2塁とチャンスを作り、1番・河野。レフトオーバーの2点タイムリーでセンバツ準優勝の習志野を突き放した。
 
そして最終回、勝利を手繰り寄せる一発が飛び出す。打ったのは8回にも鮮やかなアーチを描いた5番・丸山。2打席連続のホームラン。1回戦でも逆転打を放った丸山が存在感を示した。
 
投げても先発・影山が8回まで粘り、9回は継投した池田が3人で打ち取りゲームセット。強豪を相手に実力を発揮し、県勢としては5年ぶり、鶴岡東としては初めての夏の甲子園2勝を挙げ、堂々の3回戦進出を決めた。
 
3回戦は、8月17日の第4試合で東東京代表の関東第一と対戦する。