えがおさくさく

SAY 地上デジタル放送

第46回FNSチャリティキャンペーン 2019年度支援国

「ウガンダ共和国」

  • *国民の3人に1人が貧困層に属する最も貧しい国の1つ
  • *子どもが人口の半数以上を占める
  • *児童婚は重大な問題の1つ

ウガンダは、東アフリカに位置する赤道直下の内陸国で、面積は日本の本州とほぼ同じ約24万平方キロメートル、人口は41,488,000人です。18歳未満の人口の割合が、ウガンダは世界で2番目に高い国で、総人口の半数以上が子どもです。国民の3人に1人以上が国際貧困ライン以下(1日1.9ドル以下)で生活し、貧困から抜け出せた人でも3人に2人は貧困に逆戻りする脆弱性を持っています。

【子どもの保護:児童婚】
女の子と女性の権利の侵害である児童婚は、ウガンダにおいても最も深刻な社会問題の一つです。幼くして結婚する女の子は、貧困家庭の出身であることが多く、学校を退学し、家庭内暴力に苦しみ、HIV/エイズに感染し、妊娠期や出産時に合併症で亡くなる、といった確率がより高まります。児童婚はまた、経済に損害を与え、貧困の世代間連鎖につながります。
ウガンダは、婚姻可能な年齢が男女とも18歳と定められていますが、20歳から49歳の女性の半数、約300万人の女性は18歳を迎えるまでに結婚し、10代の女性の4人に1人が妊娠や出産を経験しています。児童婚の背景は複数考えられ、紛争などの緊急時(親族とのネットワークの途切れ、トラウマや損失、学校へのアクセスが無くなるなど)農村部における社会的慣習(社会的義務、未婚状態での妊娠のリスク回避など)、経済的要因(生家の貧困、婚姻による収入など)などがあります。

【子どもの保護:エイズ孤児】
ウガンダは、HIV/エイズの感染拡大に伴う対策が成功した国として知られていますが、現在でもエイズが原因で両親や片親をなくした子どもは300万人以上にも及びます。HIV/エイズが原因で貧困に陥ったり、学校を中退したり、兄弟姉妹の多い世帯の場合は、年長の子どもが弟や妹の世話に加え、家計を担う状況に陥る場合もあります。

FNSチャリティキャンペーンでは、ユニセフと協力し、ウガンダ支援のために、『栄養』、『保健』、『水と衛生』、『子どもの保護』、『教育』などの分野でも支援活動を進めていきますので、皆様のご理解とご支援をお願い致します。

 

募金方法

銀行振込

荘内銀行
山形営業部(普通)1048020
口座名義
SAYチャリティキャンペーン事務局

FNSチャリティキャンペーンHP

2017年度チャリティキャンペーン活動に
ご協力いただいた団体・企業

  • 山形ふれあいゴルフ大会 日新製薬CUP
  • 山形ふれあいゴルフ大会 ゴトウ通信CUP
  • 山形ふれあいゴルフ大会 ヤガイCUP
  • 第70回全日本バレーボール高等学校選手権大会

募金箱の設置にご協力いただいている団体・企業

  • ホテルキャッスル様
  • 山形国際ホテル様
  • 山形駅西口ワシントンホテル様
  • 山形七日町ワシントンホテル様
  • 山形市市民活動支援センター様
  • カスカワスポーツ南原店様
  • 募金は寄付金控除の対象となります。領収書が必要な方は事前に下記のテレビ局にお問合せください。
  • 募金および、お問合せについては、下記FNSチャリティキャンペーン事務局へお寄せください。

SAYチャリティキャンペーン事務局

〒990-8539 山形市落合町85番地
株式会社さくらんぼテレビ内
TEL:023-628-3906 FAX:023-635-2110