えがおさくさく

地域情報

山形県は…

山形県は、JR山形新幹線で東京から2時間50分程度、約300キロメートルの距離に位置します。
人口120万人程で、県の中央に出羽山地、朝日山地、飯豊山地が連なっており、この山地の間にある内陸盆地列をぬって最上川が流れ、庄内平野を経て日本海に注いでいます。 豊かな自然に恵まれる中、農業も盛んで特産物も多くあります。また、全国で唯一、各市町村に温泉が湧くところでもあります。

庄内地方

日本海に面した庄内地方は古くから船運文化の拠点として栄えた、日本有数の米どころです。
海水浴場に面した温泉場や、庄内平野にそびえる鳥海山など見所はつきません。新鮮な海産物に舌鼓を打ちながら、日本海に沈む夕日を楽しめます。

最上地方

山形新幹線の終着駅である新庄市を中心とした、美しい自然溢れる地域です。
「五月雨を集めて早し最上川」の芭蕉の句でも知られる最上川の川くだりや、巨木めぐり、山菜やきのこ料理も楽しめます。

村山地方

松尾芭蕉ゆかりの山寺やお釜で有名な蔵王など、観光スポット満載の地域が村山地方です。
初夏にかけてはさくらんぼ狩り、秋には紅葉、冬にはスキーに温泉と、一年中を通じて山形の良さを体感できます。

置賜地方

米沢上杉藩で知られる歴史文化溢れる、米沢市を中心とした地域です。名君上杉鷹山の奨励により発展した伝統工芸品が並び、全国的にも有名な米沢牛産地であるなど見所満載のエリアです。

庄内地方:
最上地方:
村山地方:
置賜地方: