咲き誇れ白ばら~時代を越える昭和の遺産~ 2月24日(日)午後2時放送

1958年に酒田市の歓楽街に誕生した「キャバレー白ばら」。
最盛期の1970年代には「大人の社交場」として連日賑わいましたが、バブル景気の崩壊と共に経営は悪化し2015年に閉店を余儀なくされました。

その後、再オープンしたものの、再び閉店するなど時代の波に翻弄されてきましたが地元の有志で結成された合同会社によって2017年から新たな一歩を踏み出しています。

番組では運営に関わって来た人や再起に奮闘して来た人達を取材。
平成が終わりを迎えようとしている今、「昭和の遺産」とも呼ばれる「白ばら」の過去を紐解くと共に、地域の拠点にしようと活動を続ける彼らの想いや苦悩、そして思い描く未来像にも耳を傾けます。

地方創生が叫ばれる中、時代を越えて息づく「白ばら」と言うタイムカプセルを開封し、地方活性化のヒントを探って行きます。