おやじブログ
クランボー将軍の山形探検日記

やまがた舞子

[08⁄09⁄24]
 紅花商人の時代から、最上川によって様々な人々が交易交流しながら発展した山形。

 同時に人と人との往来に「もてなし文化」が栄え、文人や時の政財界などの
主役たちが日本中から訪れた際、そのもてなしぶりを賞賛しました。

 「やまがた舞子」はもてなしと伝統芸能を継承しています。
  
 現在は7人で、「小桃」と「小はな」は今年入ったばかりの一年生です。

ymgt-maiko.jpg

 

閉じる